【バドミントン】高松ペア東京オリンピックでメダル獲得はどうなるのか!?画像・動画Wiki風まとめ

2020年東京オリンピック

近づいてきましたね!

自国の開催になるのは1964年の

56年前になりますね!

たまに当時の映像などは何度かテレビで

拝見したことはありますが

当然56年前は生まれていなかったので

当時がどのくらい盛り上がったのか

わかりませんが、今回は少し足を延ばせば

生で記録的瞬間や、

決定的瞬間

立ち会えるんじゃないかと

今から

ワクワクしますね!!!

応援するならやっぱりメダルを

取る瞬間を見たいので

私が思う2020年東京オリンピックで金メダルを

取ってくれると期待を寄せている

バドミントンの高松ペアについて

ご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

引用:http://sovicariate.org

◆プロフィール

引用:http://life-watcher.com

名前

高橋礼華

(たかはし あやか)

【生年月日】 1990年4月19日
【血液型】 O型
【利き腕】
【出身地】 奈良県 橿原市

(かしはら  し)

【所属】  日本ユニシス
【経歴】
橿原ジュニア→
聖ウルスラ学院英智中学校→
聖ウルスラ学院英智高校→
日本ユニシス

小学生の時に橿原ジュニアに入り、

バドミントンを始める。

引用:http://rio-olympic.hatenablog.com

【名前】 松友 美佐紀(まつとも みさき)
【生年月日】  1992年2月8日
【血液型】  O型
【利き腕】  右
【出身地】 徳島県板野郡藍住町

(いたのぐん あいずみちょう)

【所属】 日本ユニシス
【経歴】
藍住エンジェルスポーツ
少年団藍住エンジェルクラブ→
徳島市立徳島中学校→
聖ウルスラ学院英智高校→
日本ユニシス

【経歴補足】

5歳より、藍住エンジェルスポーツ少年団藍住エンジェルクラブに所属して

バドミントン競技を始めた。藍住町立藍住東小学校卒業。

地元の徳島市徳島中学校に入学した。

中学3年時に迎えた徳島県での全国中学校バドミントン大会ではシングルスで優勝し、団体優勝にも貢献した。

バドミントンの強豪校・

聖ウルスラ学院英智高等学校(宮城県仙台市)に入学。

高校1年だった2007年夏より、

同校で1年先輩の髙橋礼華とダブルスを組んだ。

シングルスでは高校2年時からインターハイに出場し、優勝した。

このインターハイでは

団体、シングルス、ダブルス(松友・髙橋)で優勝した。

高校3年時のインターハイでは団体ベスト4、シングルスでは三谷美菜津に敗れて準優勝だった。

2010年3月に高校を卒業すると、

髙橋が所属する日本ユニシスに4月入社した。

引用:https://ja.wikipedia.org

高松ペア 結成秘話

高松ペアこと、高橋選手と松友選手は
共に5歳の頃から

バドミントンを始めています!

高橋選手は奈良県出身。

松友選手は徳島県出身。

そんな二人の

初めての出会いは小学生の頃。

もちろん、住んでいる場所が違うし

チームも違うので

このころからペアを

組んでいるワケではありません。

わかりづらいかもしれませんが地図で見るとこんなに離れています!

子供の頃からバドミントンで

活躍している二人は
全国大会でも常連さんで、

その時にはもう、

お互いライバルとして

意識はしていたみたいです!

そんな二人がダブルスを

組むことになったのは

高校の時の話です!

二人は親元を離れて

バドミントンの強豪校といわれる
宮城県の聖ウルスラ学院英智高等学校に

進学することになります。

で、高橋選手が高校2年生で

松友選手が高校1年生の時に
監督の指示でペアを組むこととなりました!

その時の監督もまさかその時に組ませた二人が

卒業してからもペアを組んでいて

リオデジャネイロオリンピックで

メダルを取ってしまうなんて

思ってもみなかったと思います(笑)

ですが、2人を組ませたなんて先見の目が

あって、「この2人な間違い」と、

考えあっての

組ませたならこの頃の監督は日本中に

感動を届けてくれた名監督ですね!

高校時代にはすでに

コンビを組んで

半年後には全国大会で優勝しています!

その後も、全日本総合選手権で3連覇!

留まることの知らない高松ペアの勢いですが

ついに世界ランキング1位

というところまで上り詰めました!

ここで高松ペアの原点である高校時代の写真をご紹介します!

高橋礼華選手は初々しさがあり

眉毛があんまりありませんね(笑)

松友美佐紀選手は高校2年生ながらも

大人っぽさと落ち着いた印象を受けます。

眉毛は整えてはいますがいっぱい生えて

いますね(笑)

◆高松ペア 不仲説?!

ネットで調べていると

「高松は実は仲が悪い」

などの不仲と思わせる記事をいくつか見ました。

私はバドミントン ダブルスで一番金メダルに近い

二人の仲が悪かったら試合の大事な場面で小さなミスで

試合に負けてしまうんではないかと思い

調べてみました!

高松ペアが不仲と噂される理由に
二人の呼び方が関係しているこです。

現在、高橋選手も松友選手も高校を卒業してから

何年も経つのに

高橋選手は松友選手のことを

「松友」と呼び捨てにするのに対し、
松友選手は高橋選手のことを

「高橋先輩」と呼んでいます。

高校の頃からの上下関係がいまだに続いている感じですかね。

20歳を超えるとある程度年齢は関係なくなってしまう

ものですが、高松ペアは高校からずっと同じ競技で

先輩後輩の上下関係でやってきているので

しょうがないと私は思います。

そんなことで、高松ペアは不仲なのでは?

と噂されているんでしょうかね

他にも二人の性格があまりにも

正反対だとかありましたが

決定的な証拠はつかむことは

できませんでした。

ですが、あくまで証拠がないので

噂のでしかなかったと思います!

◆高松ペア 画像・動画

リオオリンピック

引用:http://miketonpei.net

引用:http://www.asahi.com

引用:http://リオ五輪.xyz

◆まとめ

今回高松ペアを調べてみて二人の強さを改めて確認

でき、より2020年の東京オリンピックに

期待が高まりました!

ネットで騒がれていた「高松ペア 不仲説」に

ついても紹介した画像を見てもらうば

わかりように、辛い練習や苦しい試合の場面

を何度も二人で乗り越えてきて

仲が悪いわけがないと確信しました!

リオオリンピック同様

東京オリンピックでの高松ペアの

活躍に期待して応援したいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク