【クライミング】野口啓代について徹底調査!実家は?彼氏はいるのか?トレーニング方法や筋肉画像・可愛い画像をWiki風まとめ!

2020年東京オリンピックの

新種目、スポーツクライミングで

「可愛い」「筋肉がかっこいい」

など多くの注目を集めている注目を集めている

野口啓代選手について徹底調査!!

好戦績を維持し続けるための

トレーニング方法や

お付き合いされている方

などについて

詳細まで調査しました!!

プライベートや練習中の画像も多数掲載!!

スポンサードリンク

◆プロフィール

引用:http://akiyonoguchi.com

【名前】  野口啓代(ノグチ アキヨ)
【生年月日】  1989年5月30日
【身長】  165cm
【体重】  49kg
【出身地】  茨城県龍ケ崎市
【経歴】  東洋大学附属牛久高等学校→東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科を中退
【握力】 55kg
 【得意種目】 ボルダリング

非常に美人でいらっしゃいますよね!!

特に筋肉が素晴らしいのですが、

プロフィールでご紹介したように握力すごいですよね!

どのようなトレーニングをしているのか

気になりますよね!?

ということで、そんな野口啓代選手の

トレーニング方法からご紹介していきます!!

◆驚きのトレーニング方法とは!?

まず初めに、野口啓代選手

毎日トレーニングを欠かしません!!

凄いことですよ、毎日というのは!

1日のうち数時間クライミングすることが

日課だといいます。

こんな取材の記事を見つけました!

自宅にトレーニングルームを

作ったのは中2のとき。

野口さんの実家は牧場を経営しており、

敷地には余裕がある。

父の健司さんが牛舎を改造して作った

というトレーニングルームは

改装・増築を加えた結果、街中の

営業ジムより広くなり、

日本で1番広いプライベートジム

とすら言われている。

引用:http://powernavi.erde.co.jp

これには驚きましたね!

家に自作のトレーニングルームですよ(笑)

自作の時点でも凄いと思いますが、

営業ジムより広いのって相当ですよ!!

引用:http://powernavi.erde.co.jp

クライミングに対しての本気が伝わってきますね!!

日々のトレーニングに対して父親も協力的

野口啓代選手のために

トレーニングメニューを作ったり、

ビデオ撮影して悪いところを指摘したり、

ジョギングのペースを整えるために自転車で

併走したりもしているそうです。

家で設定されている課題の難易度は

高いそうで本気でトライしたいときは

家でのトレーニングになるようですね。

そしてトレーニング方法ですが、

家のトレーニングルームで3~4時間

その後に筋肉トレーニングが

基本だそうです。

油っこい物とか好きなのですが、

なるべく食べないようにしています。

引用:http://powernavi.erde.co.jp

これもトレーニングなのでしょうか?(笑)

さて、トレーニング内容になりますが

・懸垂

・キャンパシング

・腹筋

・腕立て伏せ

とのことでした。

この懸垂ですが足にオモリを

つけて実施するそうです。

引用:http://powernavi.erde.co.jp

約30分のジョギングも日課だそうです!

そして日々の練習のなかでも、

野口啓代選手が大切にしていることは、

ストレッチと筋肉トレーニング

だそうです。

ストレッチは怪我の防止にもなりますし、

柔軟性はクライミングにとって、

とても重要なものですからね!!

筋トレは基礎となりえるからでしょう!!

私が運動前にするストレッチとは

また次元が違いそうですね(汗)

◆野口啓代選手に彼氏はいるの?

前ページでご紹介させて頂いたように

毎日練習に時間を使っている

野口啓代選手彼氏はいるのか?

と思い、調査して参りました。

結果は、なんと!

お付き合いはないそうですね。

年齢的にも、お付き合いくらいは

ありそうだと思ったのですが

情報としては発見できず(泣)

25歳とか30歳になったら

ワールドカップで勝てなくなるでしょう。

そうしたら、監督やコーチとして

教える側になって、

恩返しをしたいですね。

引用:http://powernavi.erde.co.jp

というインタビューでの発言もあり

将来を考えている野口啓代選手なら

2020年の東京オリンピック後に

電撃結婚!!なんていう事も

タイミング的に

ありそうですけどね!?

情報入り次第更新させて頂きます!!

野口啓代選手の大会成績について

2002年 小学6年生で全日本ユース選手権 優勝
2003年 B-Session 年間チャンピオン
2004年 ジャパンツアー 年間2位
日本選手権 2位
世界ユース選手権ユース 4位
2005年 第5回アジアユース選手権ユースA 優勝
第1回ボルダリングジャパンカップ 優勝
2006年 世界ユース選手権 2位
アジア選手権 リード2位

ボルダリング優勝

第2回ボルダリングジャパンカップ 優勝
2007年 ボルダリングワールドカップ

ブルガリア大会

2位
ボルダリングワールドカップ

ブルガリア大会

2位
ボルダリングワールドカップ

スイス大会

2位
ボルダリングワールドカップ

イタリア大会

3位
第3回ボルダリングジャパンカップ 優勝
2008年 ボルダリングワールドカップ

レユニオン島大会

2位
ボルダリングワールドカップ

スイス大会

3位
ボルダリングワールドカップ

フランス大会

優勝
世界ユース選手権 優勝
チャレンジ!おおいた国体 リード 優勝

ボルダリング 優勝

リードワールドカップ

スロベニア大会

3位
クライミングワールドカップ

オーバーオール部門

 優勝
 2009年 第4回ボルダリングジャパンカップ  優勝
ボルダリングワールドカップ加須大会  優勝
ボルダリングワールドカップ

オーストリア大会(ハル)

 優勝
ボルダリングワールドカップ

オーストリア大会(ウィーン)

 準優勝
ボルダリングワールドカップ

アメリカ大会

 3位
ボルダリングワールドカップ

オランダ大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

2009年間ランキング

優勝
世界選手権ボルダリング 5位
世界選手権 個人 総合優勝
アジア選手権 ボルダリング 優勝

リード 準優勝

第5回ボルダリングジャパンカップ 優勝
2010年 ボルダリングワールドカップ

スイス大会

準優勝
ボルダリングワールドカップ

オーストリア大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

イギリス大会

3位
ボルダリングワールドカップ

ドイツ大会

優勝
アルコロックマスター招待コンペ

イタリア大会

3位
リードワールドカップ

中国大会

3位
アジア選手権

中国大会

リード 準優勝
アジア選手権

中国大会

ボルダー 優勝
リードワールドカップ

スロベニア大会

3位
クライミングワールドカップ

ボルダリング部門年間ランキング

1位
クライミングワールドカップ

オーバーオール部門年間ランキング

2位
2011年 ボルダリングワールドカップ

スロベニア大会

準優勝
ボルダリングワールドカップ

オランダ大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

スペイン大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

英国大会

優勝
第6回ボルダリングジャパンカップ 優勝
2012年 ボルダリングワールドカップ

中国大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

オーストリア大会

優勝
adidas ROCKSTARS 2012 準優勝
第3回アジアンビーチゲームズ中国  準優勝
第7回ボルダリングジャパンカップ 優勝
2013年 THE NORTH FACE CUP 2013 本戦Women’s Division1 優勝
第8回ボルダリングジャパンカップ 優勝
ボルダリングワールドカップ

オーストリア大会

3位
ボルダリングワールドカップ

カナダ大会

準優勝
ボルダリングワールドカップ

アメリカ大会

準優勝
2014年 THE NORTH FACE CUP 2014 本戦Women’s Division1 優勝
第9回ボルダリングジャパンカップ 優勝
ボルダリングワールドカップ

中国大会

3位
ボルダリングワールドカップ

アゼルバイジャン大会

3位
ボルダリングワールドカップ

オーストリア大会

2位
ボルダリングワールドカップ

カナダ大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

アメリカ大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

中国大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

フランス大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

年間成績

優勝
2015年 ボルダリングワールドカップ

カナダ大会

2位
ボルダリングワールドカップ

アメリカ大会

2位
ボルダリングワールドカップ

中国(重慶)大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

中国(海陽)大会

優勝
ボルダリングワールドカップ

年間成績

優勝
2016年 第11回ボルダリングジャパンカップ 優勝
全日本クライミングユース選手権

リード競技大会2016

優勝
ボルダリングワールドカップ

中国(重慶)大会

2位
ボルダリングワールドカップ

インド大会

3位
アジア選手権ボルダー

中国大会

優勝
世界選手権ボルダー

フランス大会

3位
リードワールドカップ

スロベニア大会

2位
2017年 第12回ボルダリングジャパンカップ 2位
日本選手権リード競技大会 優勝

ものすごい成績ですね!!

数々の好成績で素晴らしいと思います!

2017年の活躍も期待できますね!

情報入り次第追記していきます!!

 野口啓代選手のかわいい画像や美しい筋肉の画像など

引用:https://www.instagram.com

引用:https://www.instagram.com

引用:https://www.instagram.com

引用:https://www.instagram.com

引用:http://www.asobist.com

  引用:https://ja.wikipedia.org

引用:http://akiyonoguchi.com

 引用:http://akiyonoguchi.com

プライベートの野口啓代選手

メイクやネイル、服装も、

とても可愛いですね!

クライミングの筋肉には

とてもかっこよくて魅了されますね!

野口啓代選手について、まとめと感想

今回はクライミングで注目されている

野口啓代選手について

調査させて頂きました。

小学生の時点で

中高生を据え置き

優勝していましたので、

はじめは天才かと思いましたね。

ですが戦績などを調べていくと

かなりの努力家で、

天才であり秀才であるのかと

考えが変わりました!!

他の選手とは比べられないほど

クライミングひと筋!!というような

私自身のイメージですね!

プライベートでは可愛いですし、

クライミングではカッコイイ

野口啓代選手です。

多くの人から注目されています!!

2020年の東京オリンピックでは

どれだけ素晴らしい結果が

期待できることでしょう!!

是非がんばって頂きたいです!!

これにて今回の調査の

まとめとさせて頂きます。

最後までお読み頂きまして

ありがとうございました!!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク